ネットを活用した新しい営業・インサイドセールス

インターネットが充実してきた事で消費者は様々な情報を入手出来る環境を整えられています。その為、今まで企業が訪問販売で営業活動を行なってきましたが、そのような手法が通用しなくなっています。近年では、Web会議システムや電話やEメールなどとてもたくさんの連絡手段がありますので、これを使って消費者に商品の紹介をしていくといった方法が主流です。

インサイドセールスは、戸別訪問や得意先回りのように外部を中心に活動するのではなく、電話やEメールやWeb会議システムなどを活用して消費者に商品を紹介し、購入を促す宣伝手法です。見込み客に対して電話やEメールなどでコンタクトを取って、次にWeb会議システムを通じて商談を行い、顧客のニーズに合わせて自社製品やサービスの紹介を行なっていくものです。この手法の良い点は、戸別訪問のように無駄足にならない事であり、訪問を歓迎していない人々や企業に対して、相手の都合に合わせてアピールする事が出来る事です。

顧客の取り巻く環境を考慮しながら時代に合ったセールスを行う事で、スムーズに商品やサービスを売り込む事が出来るでしょう。セールスの方法は顧客のニーズに応じて変化させていく事が求められています。