安全の目安“SSLサーバ証明書”

SSLサーバ証明書とは、認証局の発行するWEBブラウザとWEBサーバーが暗号化通信を行うために必要な証明書です。

その役割は実在証明と暗号化通信の2つあります。実在証明は認証局が公的書類や信頼されたデータベースや電話番号からからサイトの運営者が実在とWEBサイトのドメインが実在することを確認します。実在の確認が取れているドメインのみ証明書を発行します。証明書がある場合にはなりすましサイトなどでないことを証明されている可能性が高いです。

また、サーバー証明書はWEBブラウザとWEBサーバ間の暗号化通信を行います。暗号化通信が確率されている場合、盗聴、改ざんなどの不正な行為ができませんのでセキュリティが確保されています。

ECサイトなどでネットショッピングなどの商取引を行う場合にはリスク回避のため暗号化通信を利用する必要があります。暗号化通信が確立されているかどうかはブラウザのアドレスバーで確認できます。アドレスバーに鍵マークがあれば暗号化通信は確立されています。ブラウザの種類によって位置は違いますが、鍵マークはアドレスバーの左端もしくは右端に表示されます。

重要な通信をする場合に鍵マークが表示されていない場合は一度サイト自体の信頼性を確認する必要があります。